NPO法人子どもの生活科学研究会

NPO法人子どもの生活科学研究会の活動報告です

谷田貝理事長「生活習慣と生活技術」に関する講演会(2019.5.10-11 中国・深圳市)

本研究会・谷田貝公昭理事長が中国・深圳で、5月10日と11日に連続講演を行いました。

・「羅湖港人子弟学校」での講演会
   初日は「羅湖港人子弟学校」(香港が勤め先の父母の子どものための私立小学校)で、「家庭教育─手と指は第2の脳」と題し、谷田貝理事長が講演を行いました。

f:id:kodomo-seikatsu:20190630105051j:plain

羅湖港人子弟学校

 

f:id:kodomo-seikatsu:20190630105226j:plain

羅湖港人子弟学校・保護者向けの講演会

  f:id:kodomo-seikatsu:20190716090136j:plain

  80名近い保護者が参加し、熱心に話を聞き、大変好評を博しました。

 

  午後は「児童の学習習慣の大切さ及び興味の育成の仕方」というテーマで、大沢が同校の先生方に話題を提供する機会を得ました。
f:id:kodomo-seikatsu:20190716090414j:plain

 

・「春源幼稚園」での講演会

   5月11日は、同じく深圳の「春源幼稚園」(香港が勤め先の父母の子どものための私立幼稚園)で、谷田貝理事長が幼稚園教員を対象にして「子どものしつけの大切さ・習慣」というテーマで講演を行いました。

f:id:kodomo-seikatsu:20190630105358j:plain

谷田貝理事長・幼稚園教諭への講演(春源幼稚園)

f:id:kodomo-seikatsu:20190630105559j:plain

春源幼稚園の先生方との質疑応答

  現場の先生方は、しつけの大切さについて、強い感銘を受けた様子でした。上の写真は、質疑応答の場面です。

  同日午後は、「日本の家庭教育について」というタイトルで、大沢が同園の保護者に向けて、情報提供をする時間を設けることができました。

f:id:kodomo-seikatsu:20190716090449j:plain

 

f:id:kodomo-seikatsu:20190630105653j:plain

春源幼稚園・理事長講演会の後の集合写真

  今回の谷田貝理事長の中国講演を通じて、本研究会の活動が周知され、中国の保育・教育関係者との、今後の一層の交流が期待される貴重な機会となりました。

                                                                                                                   大沢裕